変わり行くロングステイ概念

ロングステイヤーに変化
 
ロングステイとは勿論第2の人生を始める場所・・とそのまま考えられてきた。
その形態の殆どは夫婦でという偶数の数字である。
 
しかし最近のロングステイヤー達は一人身の人が増え、それに対応するマンションは
独身者ようのマンションとして・・利用されるケースが増えている現実。
一人身=独身とは・・女性一人で或いは男性一人でというケースのことである。
 
なぜ
 
こういう形態が増えているのだろうか?
一人でロングステイを始めた殆どの人の場合
 
1.老後を日本で過ごすには蓄えが足りないからと答えた人
2.日本に拘らずに外国で生きられる道を選びたいからと答えた人
3.一人で生きていくにしても日本では誰も面倒見てくれる人がないので、
自分の蓄えの中で生きていける場所として選んだからと答えた人・・
 
その理由はどれも日本ではお金が足りないからと答えている。